桐材・桐建材・輸入・輸入元・シルク製品・ワンアジア

このページの位置:

桐の世界

雪の中、コンテナ到着しました

2012年2月10日 桐の世界

今年の新潟は大雪です。

連日のように雪が降り続き、消雪パイプを全開にして地下水を撒き続けていても、雪が解けるスピードよりも降り積もるほうが早く、会社の前の駐車スペースも雪に埋め尽くされてしまいました。

加えて、会社の前の道路は毎朝除雪車で除雪作業が行われるため、道路にあった雪が道路わきに積み上げられる結果、会社の駐車場の入り口そのものが、道路から押しのけられた雪で埋められてしまうのです。

スコップとスノーダンプを駆使して除雪にはげみましたが、夜中も降り続く雪には勝てません。

朝会社に来ると、きれいにしたはずの駐車場は再び雪に埋まっているのでした。

コンテナ入荷の前日も人力で除雪作業を行いましたが、コンテナが入荷する日の明け方まで雪が降り続くという予報をきき、ついに、プロの除雪車を依頼しました。

除雪車は駐車場を覆っていた雪や氷を3m以上の高さの山にまとめてくれました。

コンテナが入荷する直前の早朝に大型除雪車で雪を片付けてもらい、その直後にトレーラーが到着しました。

コンテナ到着時にも雪が降り続いていたので、コンテナの「オケツ」を倉庫に突っ込み、桐材の荷卸しを行いました。

中国の青島港をでて冬の日本海の荒波を越えて新潟港に到着し、加茂市までやってきたこの20フィートコンテナには合計26.768立方メートルのいろんなサイズの桐材が詰め込まれていました。

雪はまだまだ降りそうです。