桐材・桐建材・輸入・輸入元・シルク製品・ワンアジア

このページの位置:

桐建材・施工例

ワンアジアの桐建材ご案内施工例へ移動

桐は天然の断熱材

桐建材桐タンスや桐下駄に使われる桐材を、フローリングなどの建材として使うメリットをその特質からご紹介します。

桐材の持つ比重の軽さは、物質としての柔らかさと熱を伝えにくい(熱伝導率が低い)という性質を生み出します。これを床材として使うことで、適度なクッション性と温かい触感を備えた床材が誕生します。

大量の空気を木材組織に抱え込んだ桐材は、天然の高性能断熱材とも言える存在です。

桐は建材に最適な自然素材

桐材の適度な柔らかさは、そこで暮らす人間の身体を守り、温かさは安心を与えます。

柔らかくて人を守るということは逆に言えば傷がつきやすいということでもあり、その点を心配される方もいらっしゃいます。しかし、桐材は驚くほどの復元力をもっており、多少のへこみであれば簡単に直すことができます。

熱を伝えにくい桐材は優れた断熱材ですから、床だけでなく壁や天井にも桐材を使うことで省エネルギーにおおいに貢献してくれます。

また桐材の表面の触感は夏でもさらさらと心地よく、塗料で固められた床材のようなべとつき感がありません。裸足のままで一年を通して気持ちよくお過ごしいただけます。また、桐の建材は基本的に桐の無垢材で作られますから、化学物質が引き起こすシックハウス症候群の心配も無用です。

ワンアジアの桐建材一覧

ワンアジアでは、桐製の床材のほかに桐で作られた建材を各種取り揃えています。桐の優しさと温もりをぜひ感じてみてください。

※各桐建材の表面仕上げは無塗装状態でお渡しします。桐建材価格表

adobeサイトへPDFファイルをご覧頂くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは左記バナーより無料でダウンロードができます。

★桐床材
柾挽きのAAグレードと板挽きのABグレードをご用意しております。
厚みもAA/ABグレードそれぞれに12mmと15mmを揃えました。1箱に1坪分が梱包されています。ご用途に応じてお選びください。
桐床材形状
★桐羽目板
柾挽きのAAグレードと板挽きのABグレードをご用意しております。
1箱に1坪分(1820x145x12mm厚が12枚)が梱包されています。ご用途に応じてお選びください。
桐羽目板
★桐押入壁材
板挽きのABグレード9mm厚とフィンガージョイントの9mm厚をご用意しております。 1箱に1間分(2450x460x9mmが8枚)が梱包されています。
ご用途に応じてお選びください。
桐押入壁材
★桐階段材
桐の板を3枚張り合わせた3層構造の板で階段の踏み板に使います。1100x240x40mm厚の寸法です。
桐階段材

桐建材画像クリックで拡大表示

▲このページのTOPへ

桐建材施工例 施工例画像クリックで拡大表示

桐材の温かくソフトな感触の秘密は、独立した空気層によって構成されるその木材組織にあります。 桐の組織のなかに閉じ込められたそれぞれの空気は「泡」のようでもあり、中国では桐のことを「泡桐」とも書きます。自然の力が桐という木材の中に作り出した無数の泡は、熱が伝わる速さを遅らせ、温かさと物理的な柔らかさを生み出します。その桐の特徴を生かす事例をご覧ください。

桐床材をはじめ、桐押入壁材・桐羽目板・桐階段材など、
桐建材はお気軽にワンアジアにお問い合わせください。

インターネットからのお問い合わせはこちら»  インターネットからは24時間受付致しております。

お電話でのお問い合わせ:0256-53-9000  受付時間 午前平日9:00~12:00/午後13:00~17:00