桐材・桐建材・輸入・輸入元・シルク製品・ワンアジア

このページの位置:

ワンアジアの沿革・歴史

ワンアジアは、1998年の創業以来、お客様との信頼関係を大切にし、日中両国の文化や商習慣の違いから生じるギャップを吸収し、製品の安定的な供給に努め、事業の展開を図ってまいりました。

通販会社の対中ビジネス顧問で携わってきたシルク製品の輸入業務代行が主力業務で会社の発展基盤となり、また1999年からは、桐タンス企業の依頼を受けて桐原木の輸入を始め、現在の桐材や桐製品の直輸入販売業務の出発点となりました。

その後の経営分析より、2004年からは、シルクと桐製品の専門的集約を図り、積極的な提案型業務展開により受注貿易を拡大し、今日の発展に至っております。ここでは、当社の沿革と歴史をご紹介します。

1998年3月
新潟県加茂市幸町1丁目11-11にて「有限会社日中ビジネス研究所」創業。
対中ビジネスコンサルタントと業務代行を開始。
1999年12月
加茂の桐タンス企業の依頼を受けて桐原木の輸入開始。
2000年3月
加茂市五番町16-10に本社を移転。
2003年10月
建材の輸入販売事業を展開。「スーパーハウジングIN新潟」(朱鷺メッセ)に出展。
2004年6月
石川2丁目貿易部と倉庫加茂市石川2丁目に貿易部を新設し、貿易業務を強化。 主としてシルク衣料品、桐材及び桐建材製品の輸入販売を行う。
この段階から受身的業務代行から、企画デザインを行う開発提案型業務を展開推進する。
2005年3月
東京ビッグサイト「建築建材展」桐建材の直販体制を模索。
東京ビッグサイト「建築建材展2005」出展。
2006年3月
引き続き東京ビッグサイト「建築建材展2006」出展し、販路を拡大する。
「06住まいのリフォームフェア」(新潟3.18-19)に出展。地元での知名度をさらに上げる。
2006年5月
PanaHome「エコライフ・リフォーム祭り」 汐留ナショナルセンターPanaHome「エコライフ・リフォーム祭り」に出展。
シルク事業部と桐を専門とする桐世界事業部にて事業展開。
2006年8月
輸入販売業務の拡大と市場の広域化に伴って社名を
「有限会社日中ビジネス研究所」から「日中ビジネス株式会社」に変更。
2006年10月
PanaHomeリフォーム祭りの出展とショールームPanaHomeリフォーム祭りに出展、神奈川営業所のショールームに桐建材が採用される。
2007年5月
加茂市後須田の桐世界事業所加茂市五番町は本社とし、新たに購入した加茂市後須田2267-1(敷地279坪、建物76坪)をコンテナの荷降ろし、倉庫等物流機能を強化した桐世界事業部として活動開始。
2009年
桐世界事業部の企画設計機能を強化し、桐という素晴らしい自然素材を生かす商品開発を行うスタッフを増やし、業務展開。
2014年9月
YAHOOに桐材を使った「桐すのこベッド」のネットショップオープン。
2015年6月
社名変更
販売業務の拡大と市場の広域化に伴って社名を
「日中ビジネス株式会社」から「ワンアジア株式会社」に変更。

これからも創業以来の実務経験を生かし、お客さまの立場に立った良質で、安価な輸入商品のご提案と供給に努めてまいります。